大腸がんに効果的な治療方法【生活の質を落とさない治療を受けよう】

がんの転移や再発の予防

ドクター

がんはあらゆる臓器や部位に発生します。手術で取り除いても、術後に小さながん細胞が転移し再発することもあります。再発を防ぐためにリンパ節の切除を行なうことがあります。

詳しく見る

すい臓がんのリスク軽減

ナース

すい臓がんは発見が難しいがんの1つです。膵臓はさまざまな臓器と繋がっている臓器なため、手術も難しく、転移がしやすいという特徴があります。すい臓がんの治療は幾つかの種類があります。

詳しく見る

サイトメニュー

定期検診を受けよう

医者と看護師

肝臓がんは肝臓に発症するがんです。肝臓がんの治療方法には様々な種類がります。病院での検査結果や医師の判断、患者さんの希望により治療方法を選択することが出来るのです。

詳しく見る

さまざまな療法とがん予防

ドクターとナース

大腸がんと診断されたら、内視鏡による切除や外科手術、化学療法、放射線治療など、進行度合いに応じたさまざまな治療が行われます。ステージが上がるにつれて完治の可能性が低くなりますので、普段から大腸がんの発症リスクを下げる生活を心がけることが大切です。

詳しく見る

早期発見と適度な運動

医者

大腸がんの治療は早期の段階なら外科手術を必要とせず、負担の軽い内視鏡による患部切除で完治します。そのためにも定期的な検査が重要です。回復したら再発を防止するため適度な運動を心がけ、大腸がんになりにくい体質に改善することが大切なのです。

詳しく見る

大きな病気を克服しよう

カウンセリング

大腸がんのように大きな病気にかかってしまうと不安になってしまいます。しかし早期発見と適切な治療でかなりの効果が出ていると言われています。早期発見できれば大腸がんは怖い病気ではありませんので医師を信頼して治療していきましょう。

詳しく見る

外科手術を回避するために

聴診器

大腸がんはステージが進行すると外科手術が必要になります。体力への負担も大きい手術を避けるためには発症リスクを減らす生活を心がけ、定期的に検査を受けることが重要です。初期の大腸がんなら内視鏡治療によって完治し、健康を取り戻すことが十分に可能なのです。

詳しく見る

お酒が好きな人のがん対策

病院

肝臓はアルコール分解に重要な役割を果たしています。お酒が好きな人は肝臓を酷使するため、肝臓がんになりやすい傾向にあります。肝臓がんの治療は手術以外にも多くの方法が行われていますが、早期発見できれば完治の確率も上がります。病院では肝臓がんを早期発見するため、さまざまな検査を実施しています。

詳しく見る

大腸がんを完治させる方法

相談

大腸がんは年間発症率が高いがんの1種です。大腸がんは、大腸に発生してしまうがんです。日本人ではS状結腸や直腸部分に起こりやすいです。大腸がんには2種類あります。大腸の粘膜細胞から発生した良性の腫瘍の部分が、がん化した大腸がんと、正常粘膜から直接的に発生する大腸がんです。大腸がんの進行は遅く、粘膜の表面から次第に大腸の壁へと侵入します。進行していく中で、リンパやその他の臓器に転移していくのです。大腸がんはその他の病気と同様に早期発見、早期治療の開始で完治させる可能性が高くなります。

大腸がんの治療方法には、内視鏡を使用して大腸がんを大腸の内側から切除する内視鏡治療や外科手術でガンを切除する治療方法もあります。大腸がんは手術で取り除くのが一般的で、早期発見された大腸がんの治療祭でも手術を行うことがあります。この際に、その他の臓器部分にがんの転位が発見された場合は、臓器の一部分や全摘出をすることもあります。大腸がんの治療法としては他にも、切除の難しい骨部分への転位が見られる場合は、放射線治療を行なうこともあります。また、大腸がんの手術後にがんの再発を防ぐことを目的としておこなわれる化学療法もあります。化学療法にはいくつかの種類があります。術後補助化学療法や、根治的な手術が不可能な患者さんに対して行なう化学療法です。また、国内では比較的新しい分子標的治療を用いて大腸がんの治療を行なうことも増えています。大腸がんの治療は検査を行った上で、がんの進行状況、そのたの臓器への転位などを踏まえて決定していきます。手術に成功した後もしっかりとした補助化学療法を受けることで、生活の質を落とすこと無く日常生活を過ごすことが出来ます。しっかりと治療を行ない、大腸がんの完治を目指しましょう。

人気記事

更年期の悩みの解決法

ドクター

更年期障害と言えば50歳前後の女性がかかる病気というイメージもありますが、30代以下の女性にも若年性更年期障害が増えています。個人差はありますが、男性にも更年期障害の存在が知られています。対策としては男女とも病院で受けられるホルモン療法に効果が期待できます。生活習慣改善とストレス軽減も大切です。

自律神経の乱れを治す

悩む人

頭痛や微熱・のぼせ・便通異常などさまざまな身体不調を訴えながら、病院で検査を受けても異常が見つからないことがあります。こうした症状は自律神経の乱れによって発生しているため、自律神経失調症と呼ばれています。それぞれの症状に応じた薬を服用することにより症状軽減も可能です。生活習慣を整えることも重要です。

脱腸と呼ばれるヘルニア

看護師

鼠径ヘルニアは、下腹部と太ももの付け根の部分に瘤のようなものができる病気です。いわゆる脱腸の名でも知られています。成人の場合自然治癒する確率は極めて低く、また放置していると深刻な状態になるおそれもあるため、早期の手術が推奨されています。