大腸がんに効果的な治療方法【生活の質を落とさない治療を受けよう】

サイトメニュー

外科手術を回避するために

聴診器

発症リスクを避ける

大腸がんは大腸の粘膜ががん細胞に冒される病気です。がん細胞が増殖すると粘膜から大腸壁へと浸潤し、巨大化します。さらに進行すればリンパ節や肝臓、骨などに転移するため、治療が困難になります。転移する前の段階なら、外科手術によって患部を切除することにより治療も可能ですが、手術は体力への負担も少なくありません。できることなら手術を受けずに治療することが望ましいのです。そのためにも、日頃から大腸がんを発症しにくい生活を心がけることが重要となります。食生活の改善や運動不足の解消とともに、危険因子に数えられるタバコやアルコールも控えなければなりません。健康を意識した生活を心がける一方で、定期的に内科を受診して内視鏡検査を受けていれば、大腸がんで手術を受けなければならなくなるリスクも大幅に減少するのです。

初期段階なら完治も可能

検査の結果、仮に初期段階の大腸がんが見つかったとしても恐れることはありません。今は内視鏡を使った治療法によって、外科手術よりも遥かに負担も軽く患部を切除することが可能なのです。内視鏡には小型カメラとライトがついており、肛門から挿入して大腸の内部をモニターに映し出すことができます。この内視鏡による初期がんの切除には、痛みがほとんど伴いません。大腸の粘膜には痛覚神経がないからです。その体力的負担は検査の場合とそれほど変わりませんので、多くの患者さんは呆気ないという印象を抱いています。こうして完治した患者さんは短期間で退院し、元の健康な生活に戻ることができます。再発防止のための食生活等に気をつけてさえいれば、外科手術を一生受けずに済むことも十分可能なのです。

人気記事

更年期の悩みの解決法

ドクター

更年期障害と言えば50歳前後の女性がかかる病気というイメージもありますが、30代以下の女性にも若年性更年期障害が増えています。個人差はありますが、男性にも更年期障害の存在が知られています。対策としては男女とも病院で受けられるホルモン療法に効果が期待できます。生活習慣改善とストレス軽減も大切です。

自律神経の乱れを治す

悩む人

頭痛や微熱・のぼせ・便通異常などさまざまな身体不調を訴えながら、病院で検査を受けても異常が見つからないことがあります。こうした症状は自律神経の乱れによって発生しているため、自律神経失調症と呼ばれています。それぞれの症状に応じた薬を服用することにより症状軽減も可能です。生活習慣を整えることも重要です。

脱腸と呼ばれるヘルニア

看護師

鼠径ヘルニアは、下腹部と太ももの付け根の部分に瘤のようなものができる病気です。いわゆる脱腸の名でも知られています。成人の場合自然治癒する確率は極めて低く、また放置していると深刻な状態になるおそれもあるため、早期の手術が推奨されています。