大腸がんに効果的な治療方法【生活の質を落とさない治療を受けよう】

サイトメニュー

大きな病気を克服しよう

カウンセリング

病気と闘う覚悟をする

がんという病気は厄介なもので発見が遅くなると命に関わることになってしまいます。そのため早期発見が大事だと言われています。定期健診や人間ドッグなどで発見されることが多いので機会あれば受診をおすすめします。がんの中でも大腸がんにかかる人が多いと言われています。食べ物が原因とも便秘が原因とも言われています。手術で大腸がん患部を摘出し、その後に抗がん剤や放射線の治療に移っていきます。大腸がんの治療は体調に応じて進められていきます。治療によって免疫力が落ちてきますので風邪などの感染症には注意が必要です。大腸がんという病気と闘うということは容易なことではありません。治療に専念するために休職を余儀なくさせられることもあります。

医師を信頼して病気に勝つ

病気を克服するために医師の存在は欠かせないものです。良い治療を受けたいがために遠い県の病院を訪ねていく方もいるようです。大腸がんのように大きな病気となると良い医師に治療していただきたいと考える人が多いのです。大腸がんを何例も治療してきた医師の存在があることで的確な治療法が確立されています。決して大腸がんは怖い病気ではないということも理解ができると思われます。早期発見できることで大腸がんの治療にも希望が持てます。病気に打ち勝つには医師を信じる気持ちも必要となってくるのです。大きな病気にかかると不安でいっぱいになってしまいます。しかし治療しないでいると後悔することになりますので医師に託して立ち向かっていきましょう。

人気記事

更年期の悩みの解決法

ドクター

更年期障害と言えば50歳前後の女性がかかる病気というイメージもありますが、30代以下の女性にも若年性更年期障害が増えています。個人差はありますが、男性にも更年期障害の存在が知られています。対策としては男女とも病院で受けられるホルモン療法に効果が期待できます。生活習慣改善とストレス軽減も大切です。

自律神経の乱れを治す

悩む人

頭痛や微熱・のぼせ・便通異常などさまざまな身体不調を訴えながら、病院で検査を受けても異常が見つからないことがあります。こうした症状は自律神経の乱れによって発生しているため、自律神経失調症と呼ばれています。それぞれの症状に応じた薬を服用することにより症状軽減も可能です。生活習慣を整えることも重要です。

脱腸と呼ばれるヘルニア

看護師

鼠径ヘルニアは、下腹部と太ももの付け根の部分に瘤のようなものができる病気です。いわゆる脱腸の名でも知られています。成人の場合自然治癒する確率は極めて低く、また放置していると深刻な状態になるおそれもあるため、早期の手術が推奨されています。