大腸がんに効果的な治療方法【生活の質を落とさない治療を受けよう】

サイトメニュー

定期検診を受けよう

医者と看護師

肝臓がんには、肝臓から発症する、原発性肝臓がん、他の臓器で発症したがんが移転して起こる転移性肝臓がんの2種類に分けることが出来ます。肝臓がんは、一般的には肝細胞がんとも呼ばれます。日本でも肝臓がんで亡くなる人は多く、がんの死亡率TOP3に入るがんの種類です。肝臓がんを引き起こしてしまう人には、B型肝炎ウイルスや、C型肝炎ウイルスに感染しているか、過度な飲酒をする人が多いです。これらの人は、肝硬変を引き起こしやすいという特徴があります。この肝硬変を起こす原因は、肝臓がんも同時に起こしやすくしてしまうのです。国内においては、ウイルス性の肝炎、肝硬変、高齢者などが肝臓がんを発症することが多いのです。

肝臓がんは、慢性的な肝炎や肝硬変の症状と似ています。そのため、肝臓がんを発症していても気づかずに、症状が進行してしまうことがあります。そのため、病院などで定期的に検査を受けて早期発見する必要があります。肝臓がんの検査は消化器科、内科で検査を行うことが出来ます。肝臓がんを発見しやすくするためには、肝臓病の専門医に診断をしてもらうことも重要です。肝臓がんは自覚症状のない早期に発見することで、治療を行いやすくなります。肝臓がんの治療方法としては、外科的肝切除や、経皮的エタノール局中療法、ラジオ波凝固療法、肝動脈化学塞栓療法、方分子標的薬を使用した、内服薬治療などがあります。また、普段から飲酒の量を控えることや、食事内容に気をつけるなどの、生活面でも注意をしましょう。

人気記事

更年期の悩みの解決法

ドクター

更年期障害と言えば50歳前後の女性がかかる病気というイメージもありますが、30代以下の女性にも若年性更年期障害が増えています。個人差はありますが、男性にも更年期障害の存在が知られています。対策としては男女とも病院で受けられるホルモン療法に効果が期待できます。生活習慣改善とストレス軽減も大切です。

自律神経の乱れを治す

悩む人

頭痛や微熱・のぼせ・便通異常などさまざまな身体不調を訴えながら、病院で検査を受けても異常が見つからないことがあります。こうした症状は自律神経の乱れによって発生しているため、自律神経失調症と呼ばれています。それぞれの症状に応じた薬を服用することにより症状軽減も可能です。生活習慣を整えることも重要です。

脱腸と呼ばれるヘルニア

看護師

鼠径ヘルニアは、下腹部と太ももの付け根の部分に瘤のようなものができる病気です。いわゆる脱腸の名でも知られています。成人の場合自然治癒する確率は極めて低く、また放置していると深刻な状態になるおそれもあるため、早期の手術が推奨されています。