大腸がんに効果的な治療方法【生活の質を落とさない治療を受けよう】

サイトメニュー

すい臓がんのリスク軽減

ナース

すい臓がんは膵臓に悪性の腫瘍が出来ることを言います。すい臓がん患者は多く、肺がんや大腸がん胃がんと並んで発症率が高いがんの1つです。膵臓は腹部の後腹膜と呼ばれる、奥の部分にあります。膵臓は、十二指腸や胃、大動脈、腎臓など、幾つもの内臓に隣接しているため、外科手術を行なう際は、膵臓だけの処理を行なうことは出来ず、その他の臓器にも影響を与えてしまうことから、難治癌とも呼ばれています。すい臓がんだけでなく、その他のがんも効率よく治療を進めていくためには、早期発見、早期治療が重要になりますが、すい臓がんは発見が難しいがんなのです。また、すい臓に起こるがんは転移しやすいという特徴があります。

すい臓がんの治療はがん部分の外科的な切除治療が基本です。ですが、すい臓がんは早期発見が難しく、多くの場合、発見された時は切除できないほどに進行していることが多いのです。そのためすい臓がんの治療では、切除手術と併せて抗癌剤治療や、放射線治療を平行して行なわれることがあります。やはり、すい臓がんを完治させるためには、早期発見が重要です。定期的に検診を受けることで、すい臓がんを発症するリスクを軽減させることが出来るのです。すい臓がんの検査としては腹部のエコー検査、腫瘍マーカー検査、膵酵素検査などがあります。また、すい臓がん検査を行なう病院選びも非常に大切です。すい臓がんはその他のがんと比べても発見が非常に困難です。そのため、すい臓がんに詳しい専門医がいる病院やクリニックで検査を行なうことで、早期発見の可能性を広げることが出来るのです。

人気記事

更年期の悩みの解決法

ドクター

更年期障害と言えば50歳前後の女性がかかる病気というイメージもありますが、30代以下の女性にも若年性更年期障害が増えています。個人差はありますが、男性にも更年期障害の存在が知られています。対策としては男女とも病院で受けられるホルモン療法に効果が期待できます。生活習慣改善とストレス軽減も大切です。

自律神経の乱れを治す

悩む人

頭痛や微熱・のぼせ・便通異常などさまざまな身体不調を訴えながら、病院で検査を受けても異常が見つからないことがあります。こうした症状は自律神経の乱れによって発生しているため、自律神経失調症と呼ばれています。それぞれの症状に応じた薬を服用することにより症状軽減も可能です。生活習慣を整えることも重要です。

脱腸と呼ばれるヘルニア

看護師

鼠径ヘルニアは、下腹部と太ももの付け根の部分に瘤のようなものができる病気です。いわゆる脱腸の名でも知られています。成人の場合自然治癒する確率は極めて低く、また放置していると深刻な状態になるおそれもあるため、早期の手術が推奨されています。